HOME > Falcomの歩き方 > ガガープトリロジー「白き魔女」 > 「白き魔女」の感想

白き魔女のひとこと感想(たぶんにネタバレ

英雄伝説III・白き魔女
(C) 1994-1999 All rights reserved by Nihon Falcom.

DOS版「白き魔女」

パソコンを買った時に同時に購入したゲームです。
これをプレイするために、パソコンの仕組みとかいろいろ勉強しました(笑)
というか、ドッタの砦でどうにも動きが取れなくなってしまった。ここがどうしても抜けられない。抜ける方法は、攻略の手引きで知っていたのですが、操作が付いていかないんです。で、最後の手段。クロック数を下げました。たったそれだけのことなんですが、当時はパソコン超初心者。決死の覚悟でした(笑)。
次に詰まったのが、キタラ探し。これはもう画面切り替え、戦闘しまくり、レベル上がり放題。
最後がお城のダンジョン。
それだけに、クリアしたときは感動しました。ところが、ラスボス戦が終わってから、ゲームが終了するまでが長い!もちろん、それがあってこそ全てが明らかになるし、一番見たい部分ではあったのですが、なにせ深夜ゲーマーなので、まだ終わらない〜と時間の方が気になりました。
ストーリーについては今更言うまでもないですが、単なる少年少女の冒険物語でないところにとても惹かれました。何度でもプレイしたくなるゲーム。それが、私の感想です。
dos-soft.jpg(22647 byte)英雄伝説III RENEWAL 白き魔女
日本ファルコム 1994-03-18
FD版
のちにCD-ROM版も発売

サターン版「白き魔女」

移植にあたって、キャラクターが新しく書き直されたのが一番の変化でしょうか。そえたかずひろ氏のキャラクターについては賛否両論。正直、「なんだこれは!?」というのが第一印象でした。舞台も時代も同じなのに、現代っぽいんです。けれども、プレイしているうちに、気にならなくなりました。CDドラマとは声優さんもまるきり違うし、そう言う意味では全く新しい「白き魔女」としてプレイできたと思います。イベントがちょこちょこ変わっているので、単なる移植でなく楽しめた一因かもしれません。
個人的には「ボルト大決戦」がお気に入りです。反対にゲルドの姿にはショックが大きかった。イメージが〜(泣)これだけは、いまだに納得できません。
サターン版でもお城のダンジョンには手こずりました。何度同じ所をぐるぐる回ったことか…。それでいて戦闘ポイント外だったので、レベルが上がらない…最悪でした。でも、ラスボス戦はあっけないほど簡単に終わってしまった。このあたりは、もう少しゲームバランスをなんとかして欲しかったところです。
ss-soft.jpg(45947 byte)白き魔女 もう一つの英雄伝説
ハドソン 1998-02-26
関連書籍
白き魔女 〜もうひとつの英雄伝説〜 オフィシャルガイド
白き魔女 〜もうひとつの英雄伝説〜 設定資料集

by G-Tools

プレステ版「白き魔女」

DOS版のまんま、と言いたいところですが、個人的には改悪版。
まず、戦闘モード。これは一般ゲームでお馴染みのタクティカルコンバットに変更されてます。オート戦闘システムは独特な癖があるので、やむを得ないという気はするけど…。ゲーム展開は全く同じ。だから面白くなかったと言えます。CGが一部3Dに変わってますが、別に変える必要はなかったと思います。むしろそれまでが2Dだから、違和感を感じました。DOS版を知らなければ、すんなりプレイできたとも思いますが、今流行のゲームとは路線が違うので、全くの新規プレイヤーってどのくらいいたのかなぁ。
PS版「白き魔女」The Legend of HeroesIII 白き魔女
GMF 1998-03-19

by G-Tools

WIN版「白き魔女」

登場人物もストーリーもわかっている。でも、買わずにいられなかった作品です。大方はリメイクなんですけど、セリフとかちょこちょこ追加があります。グラフィックは、DOS版をそのまま踏襲。少しはきれいになったかな(笑)。
一番変わったのは戦闘モードでしょう。オートバトル、ジュリオが弱すぎ(爆)ひたすらクリスでガンガン行きました(笑)敵の指定とかできますが、あんまり拘らなくてもよかったみたいです。個人的にはバトルモードを最初に設定するDOS版の方がシミュレーションぽくて好きかなぁ。
買って直後にプレイしたのは勿論ですが、「海の檻歌」後に再プレイしました。で、オルドスの某神官の顔が〜爆笑。ホントにそっくりなんです。そういう目でプレイすると、飽きることなく実に楽しくプレイできました。
WIN版で一番苦労したのは…やぱりルード城の迷路でした。モリスン登場までえらくすんなり行けたので、これは楽勝と思ったのに、そこから迷子になりました。ジュリオが階段から落ちて、何度やり直したことか。その甲斐があったかどうか、Lev42でレバスとご対面(笑)ラスボス戦は、オートプレイのおかげで、これまた延々かかりました。魔法とか技とか指定できないのは辛かったです。ここでもやっぱりジュリオ弱すぎ(^^;クリスが倒されたら即、撤退。ステラでは「生き返り」ができないんですもの〜。
お約束のエンディングについてはいうまでもありません。普通の人が普通に生きれる世界こそがすばらしい世界なのだとエンディングクレジットの曲を聞きながら感動に浸ったのでした。
cd-soft.jpg(19747 byte)新・英雄伝説III 白き魔女3大特典付き初回限定版 (CD-ROM)
【特典】
1.ガガーブ三部作超極秘資料集(B5版300P)
2.CD-RON「ガガーブの宝」
3.特製ホワイトパッケージ
日本ファルコム 1999年4月23日発売
最新版は、VISTA対応版(2007-03-29)です。
詳しい感想&攻略はこちら

PSP版ガガープトリロジー「白き魔女」

おおまかな流れはPC版と一緒ですが、戦闘スタイルやグラフィック、音楽が微妙に変わってます。
英雄伝説 ガガーブトリロジー 白き魔女英雄伝説 ガガーブトリロジー 白き魔女
バンダイ 2004-12-16

by G-Tools
詳しい感想&攻略はこちら

小説版「白き魔女」

毒を喰らわば皿までに従って買ったのが小説版「白き魔女」です。ゲームの原作本がオリジナルと異なる展開をみせてくれるのはよくある話です。私は小説が面白ければ否定しませんが、本書に関しては、うーんと唸らなざるをえないでしょう。デキが微妙なんですよ。ゲームどおりの世界観なんですが、ここでそれを言っちゃダメだろ!みたいなところがありまして。
物語はジュリオとクリスが故郷の伝統に従って巡礼の旅に出て、事件に巻き込まれて世界を救う、と一貫してます。ゲーム中に出てきたサブエピソードをなぞっての筆運びもあってるんですが、旅の面白さとか脇キャラとの絡みが欠けてるんです。プレイキャラと一緒に旅を楽しむというゲームの醍醐味が本ではバッサリ切られてます。ページの制限はあったでしょう。しかし、キャラの魅力をはぶいて物語をなぞったのでは意味がないと思うんですよ。ゲームエピソードにこだわらず、少年少女の冒険物語にした方がよかった。
キャラで必要以上に描かれてるのが女王イザベラです。彼女については、言いたいことはわかります。が、ゲームの中で明らかにされていない部分をここで語る必要はない。しかも、最後でくどいくらいに説明してるから興ざめ。続編が書けるとは限らないからかもしれないけど、そのためにジュリオとクリスの物語から離れてしまった感が強いのです。たぶん、作者がイザベラに入れあげちゃったんでしょう。気持ちはわかるけど、「白き魔女」でやってはいけません。なので、本書を読むなら、ガガープ三部作をクリアしてからにしましょう。
小説 英雄伝説〈3〉白き魔女 (GAM NOVELS)小説 英雄伝説III 白き魔女
堀 慎二郎
宙出版 2005-07

by G-Tools

EGG版「白き魔女」

DOS版「白き魔女」を現在のWindows環境でプレイできるようにしたものです。なので、ゲーム内容はDOS版の「白き魔女リニューアル」と同じです。戦闘システムが、事前に戦闘時の行動を設定してのオートバトルなので、これを忘れているとエライ目に遭います。魔法も全て覚えさせない方が効率よく掛けてくれるし、RPGというより、SLGに近い感覚ですね。戦う前の仕込みがゲームの難易度を大きく左右します。
画面がショボイのは時代の流れなので仕方ありませんが、ストーリーにも感動でき、ゲームとしても楽しめるのはポイント高し。win版の戦闘が退屈だった人に、是非プレイしてもらいたいです。緊張感溢れるプレイができると思いますよ。
EGG版「白き魔女」EGG版 英雄伝説III 白き魔女リニューアル
PC-9801
EGG 2007-03-13

詳しい感想&攻略はこちら

HOME > Falcomの歩き方 > ガガープトリロジー「白き魔女」