英雄伝説V「海の檻歌」

英雄伝説V・海の檻歌
(C) 1994-1999 All rights reserved by Nihon Falcom.

ひとこと感想(たぶんにネタバレ

クリア後、感動に浸るというより、無性に「白き魔女」がプレイしたくなりました。
登場人物達が、エンディングで語っていることが、全て「白き魔女」に繋がっていくんです。
4で初登場のキャラクターは別として、かなり3にも出てきてましたし・・・。
主人公はフォルトなんですが、なぜか目立たない。
最初はウーナともどもいい感じだったのですが、後半になるに連れて脇役に(笑)。
個人的には偽スレイド外交官がお気に入りです。
特にアイーダが出てきてからは、ずっとこのふたりを贔屓にしていました。
主人公カップルそっちのけで、もうどっぷり(爆)
ゲーム中の公認カップルは主人公のふたりを除けば、パルマン隊長とアリアくらい?
いわゆる一目惚れなんでしょうが、パルマン隊長のセリフは聞いててむずがゆい〜。
言われてみたくはありますが(笑)。

しかし、クリア後、改めてOPを見た瞬間、思わず笑ってしまいました。
すっごいネタバレ(笑)
最初に見た時もプレイ中も全然気が付かなかった。
このあたりは演出がうまいというべきなのか・・・。

「白き魔女」の時から言われていることですが、まさに「詩うRPG」といえる作品だと思います。
最近流行の戦闘重視でなくて、本当にストーリーを無理なく追っていけるゲームです。
それでいて、しっかり突くべき所は突いてきている。結構きついセリフがありましたから。
捉え方は人それぞれなので、何が正しいとは言い切れません。
初回プレイでは、やり残したことがたくさんあります。
マクベインに言わせれば、気合いが足りなかったようで(笑)。
2周目は、しっかり気合いを入れてプレイするぞ!

ed5-soft.jpg(26948 byte)英雄伝説V 海の檻歌 初回限定版
【特典】
1.ガガープトリロジーThe Movie
2.ガガープサウンドトリロジー
日本ファルコム 1999-12-09
最新版は、VISTA対応版(2007-03-29)です。

→もどる