Home > Falcomの歩き方 > ZWEI!!の攻略

ZWEI!!の感想

クリアデータ(初回)

・主人公のレベル:28
・ペットのレベル:4

クリア後の感想

可愛いキャラクターとペットをお伴にマウスで手軽にアクションゲーム、というウリですが、どうしてなかなか歯ごたえのあるゲームです。序盤は適度にマウスクリックで進めますが、ダンジョンのトラップにはひとひねりしたモノがあって、力押しだけではクリアできないようになっています。要は、頭を使ってトラップを解除しないと先に進めない!カヤバの森のレバー操作みたいに「いかにも」なトラップはまだしも、パーヴェル庭園の壺割りあたりは全体が見えてないと気が付きにくいでしょう。一筋縄では解けないというより、センスとカンとタイミングが重要な要素です。ある意味、斬新でした。

物語はピピロとポックルの絶妙な掛け合いで楽しく進行していきますが、やがて失われた歴史に隠された悲劇が発端となったことが明らかになります。だからといって物語が重くなることもなく、どこまでも明るく快活に進むのでプレイしていて気分が滅入ることはありませんでした。ピピロの屁理屈、万々歳!

主人公たちは、強烈な個性を持った女の子と冒険に憧れる男の子というファルコムのゲームではすっかりお馴染みの組み合わせです。ピピロがワガママ過ぎると感じるかどうかはプレイヤー次第でしょう。確かに自己中心的な台詞が多いですが、ピピロの主張がはっきりしているので、私は強烈な個性としての許容範囲でした。その反動で、ポックルの影が薄いのは否めません。戦闘もマウス操作に慣れるまではポックルメインでしたが、ピピロの遠距離攻撃が決まるようになると安定して進めるのでピピロメインになって、ますますポックルの出番がない。

戦闘ですが、ダンジョンをクリアするだけならどちらのキャラでも何とかなりますが、クリアランクでプラチナを狙うと条件が厳しすぎて、ヘボプレイヤーには無理です。ノーダメージ、全敵撃破、全壺破壊、時間制限付きって、どこのマゾゲーですか!?ただ、プラチナ狙いなら、魔法吸収のできるポックルの方が狙いやすいように思いました。あとポックルでないとトラップ解除でアイテムが使えないので時間の短縮もありますし。でも、最終的には、好みですかね。

やり込み要素は、上記のメダル獲得と各種図鑑コンプリートがあります。特にアイテムと敵には、2周目以降でないと出てこないモノがありますので、最低2周。しかしレアアイテムはホント、出にくいので全て埋めるまでかなり遊べると思います。

音楽は、これまでのファルコムゲームの音楽とかなり方向性の違う民族調の音楽ですが、個人的にはゲームの雰囲気とよく合っていてとてもよかったと思います。イージーリスニングにも十分聞ける出来映えで、のんびりした曲調が耳に心地よくBGMとしてよく聞いています。このまったり曲調にあのゲーム難易度は反則ですよ。ま、そのアンバランスさがまた魅力的なのかも知れません。百聞は一見に如かずの逆で、存分に楽しめる作品だと思います。


Home > Falcomの歩き方 > ZWEI!!の攻略