Home > Falcomの歩き方 > ZWEI2の攻略 > ZWEI2の感想

ZWEI2の感想

クリアデータ(初回)

・プレイ時間:56:06:00
・主人公のレベル:33
・ペットのレベル(ALL):9
・ハンターランク:マーベラスハンター(430)→50万ペンネ(引継)
・トレジャー達成率:48/48→レベル4のフード(引継)
・キャラクター情報達成率:191/252
・エネミー情報達成率:137/137
・フィギュア達成率:95/158

クリア後の感想

ZWEI2は、アクションゲームにしては珍しくストーリーのしっかりしたゲームです。物語的にはRPGのいわゆる王道ストーリーで奇を衒わず安心して進める展開でした。これをRPGでやると「マンネリ」と不平が噴出しそうですが、アクションゲームなので物語を気にせず進められるメリットがあります。前作の2Dキャラから3Dのデフォルメっぽいキャラに変わって見た目があまり好みでなかったものの、キャラに感情移入しすぎることがなく、プレイしているうちに気にならなくなりました。キャラクターは立っているし個性的なのに、のめり込むほどに物語と絡めないように意図してシナリオを作ったのかも?特に、後半になってそれまで固定していたヒロインを頻繁に外させたのでそう感じました。もしもずっとヒロインが主人公と一緒に行動していたら、あの外見に耐えられたかどうか。個人の好みもあるでしょうが、私の評価は下がっていたと思います。

プレイヤーは、主人公のラグナ(直接攻撃)とパートナーのアルウェン(魔法)を駆使してダンジョンを探索し、魔法の力を取り戻し、トレジャーを回収して成長していきます。ダンジョンクリアの条件は、前作に比べて大幅に易しくなりました。またダンジョンそのものの難易度もかなり低くなっています。なにしろアクションの苦手な私でも、夢幻迷宮でプラチナを獲得できたくらいです。前作では5階層くらいで手も足も出なくなりましたから、かなり易しくなったといえます。ちなみに、操作はマウスとキーボード併用。パッドはイマイチ入力反応が悪く、返って逃げ遅れたりするのでフックギアで長時間モノを運ぶ時以外は使いませんでした。

概ね難易度は下がっていると言いましたが、唯一の例外が、カッパフィールド。これは、何ですか!?激ムズという評価を聞いていましたが、激ムズどころか、コントロールが全然できません。カーレースゲーム真っ青の難しさです。正直、カッパフィールドは全くクリアできませんでした。物語に直接絡んでこないとはいえ、あの難易度は反則でしょう。せめて難易度を下げるパッチくらい出して欲しいです。だって、アレをクリアしないとダンジョン制覇だけでなく、必要なキャラクター情報も埋まりませんから。

ZWEI2の物語は「朱紅い雫」とよく似ています。キーワードは妹。兄と妹に絡めた展開は「朱紅い雫」に限ったことではありませんが、中盤あたりから妹の比率が高くなり、パートナーが入れ替わるようになるとヒロインの影がとても薄くなりました。恋愛物語ではないにしても、後半のアルウェンの扱いはちょっとかわいそうな気がします。もう少し頼もしいパートナーとして活躍して欲しかったような。でも、そうなるとキャラゲーになるかもしれないし、線引きが難しいところです。他の一時的なパートナーがそれに見合う活躍の場を用意されていなかったので余計に中途半端な印象が残ります。アクションゲームにストーリー性を求めてはいけないのかもしれませんが、ここまでキャラクターを作るなら物語としてもしっかり作って欲しいように思います。

音楽は、ゲームミュージックというより映画的な広がりのある曲が多いと思いました。オープニングもそうですが、特にエンディングでそれを強く感じます。後半のダンジョン曲は、いかにもエンディングに向かって盛り上げてますという印象ですし、BOSS戦も壮大な感じが残ります。軽い曲よりダイナミックな曲の方が好まれる傾向を反映しているのかもしれません。デメリットは、聞き流すよりじっくり聞いてもらいたい曲が多いので、日常のBGMとして流すと疲れます。イージーリスニングとしては、前作の方がいい。その代わり、フルオーケストラで聴いたらすごい迫力でしょうね。

ZWEI2は一部激ムズのダンジョンもありますが、アクションゲームとしては概ね易しい作りになっているので、初心者にも勧めやすいゲームです。望むらくはどこでもセーブ機能が欲しいところ。アクションゲームとしての緊張感は薄れますが、まとまった時間の取りにくい社会人プレイヤーには是非欲しい機能です。1ダンジョン15分もあればクリアできるとはいえ、途中でゲームオーバーになるとダンジョンも最初からやり直しというのはすごくキツイんです。私はレベル上げに時間を掛けて乗り切りましたが、そのぶんクリアにも時間がかかりました。さすがにあれだけレベルを上げればボス戦もブロンズながら1回で突破。ボス戦後のエピソードは、なかなかに感動ものです。主人公以外が美味しいところを掠っていくのは、もはやお約束といいましょうか。世界観が大きいだけに次の作品にも期待できる終わり方でした。


Home > Falcomの歩き方 > ZWEI2の攻略 > ZWEI2の感想