◆ アニメな思い出 ◆(●はCGあり


● パウル・フォン・オーベルシュタイン  作品名:銀河英雄伝説(OVA)
冷酷な役度ナンバー1と言えばこれでしょう。
この作品は原作から入ったので、配役を見た瞬間、「え!?この役を塩沢さんが(@_@)」な状態でした。
もちろん、これ以上はないというほどのはまり役でしたが・・・。
冷酷な中にもかいま見せてくれた犬との優しいエピソードシーン。
最期まで淡々と語った口調。
どれもがとても印象深く残っています。
数多く演じられた敵役の中でも作品の知名度から、多分にこの役が代表的な役になるのではないかと思います。
それだけに存在感のある役です。
外伝とか制作されてるけど、もう彼が登場することはないだろうなぁ・・・。

◆ ブラスターキッド   作品名:銀河旋風ブライガー(TV)
明るい役の代表作として、また私のお気に入りの役として、一番がこれです。
それまで「暗い役」しか知らなかったので、聞いてびっくり!
軽い口調にノリがよくて、まるで別人でした(って、当たり前だけど)。
でも、軽薄さとは違う軽さでとっても好感が持てたし、聞いてて楽しい。
CM挿入時のアイキャッチャーで手を差し伸べてくれるのに、きゃーきゃー騒いでおりました。
ツインギターを持ってるし、歌うかなと期待もしましたが、さすがにそれはなかった(残念)
塩沢氏は歌は苦手ということなので、仕方ない面もありますが・・・。
舞台は太陽系と狭いのですが、話のスケールは大きくて作品としてもお気に入りです。
何にしろLDBOX持ってるし(笑)
これでいつでもキッドの声が聞ける・・・。
J9シリーズは、他にもうふたつ(銀河烈風バクシンガー、銀河疾風サスライガー)ありますが、私の中ではこの作品で終わりです。

● マリン・レーガン   作品名:宇宙戦士バルディオス(TV・MV)
暗い役の代表作といったら語弊を招きそうですが、でも、そういうイメージの強い役です。
ロボットものの主人公で、本質的には熱血戦士・・・なはず。
お約束の変形シーンや決め技では叫ぶし、敵司令官との悲恋はあるし。
ただね、作品は暗かったし、人気なくて打ち切りになった。
そのあと何故か映画化された不思議な作品です。(広川監督曰く「悪夢」だそうです。)
でも、キャラクターは確かに魅力的だったし、ストーリーは破滅物ながらしっかりしてたと思います。
第2話だったか、青い海を見て驚いて語るシーンがあるんですが、その時の声がさすが塩沢さん(ハート)でした。
思い出を語る声にやられたって感じです。

◆ 倉茂秀明   作品名:ミラクル☆ガールズ(TV)
驚きましたね。ええ、もう、めいっぱい。
原作が「なかよし」というのにも驚きを禁じえませんでした。
だって、絵に描いたような爽やかな青年ですよ。しかも高校生!
ご本人は「この年でこの役ができるとは思わなかった」などとおっしゃっておられますが、別にそれまでの役と違和感なくて、ピッタリでした。
きっとそれまで敵役が多かったから、暗く感じていたのかもしれません。
告白シーンは限りなくアヤシサ爆発でした。
画面は健全ですが、耳元で囁かれると・・・以下、妄想世界へ。
もう少し大人な役で、こういう役をやって欲しいと思ったのでした(謎)。

◆ プリンス・デマンド   作品名:美少女戦士セーラームーンR(TV)
語るまでもない、お約束な悲劇の敵役。
椅子に座ってしゃべる声が、冷たさ倍増でステキでした。
あと弟サフィールを失って、その亡骸を抱えて消えるシーンとか。
ほんの一言あるかないかの呟きが、マル。
最期に改心しなければなお良かったと思うのは、悪役に徹して欲しかった個人的願望です。
◆ 板東平次   作品名:宇宙戦艦ヤマトIII(TV)
え、出てたの?と言われるくらい印象度の低い役ではないでしょうか。
実際、ほとんど出番はなかった。
でも、宇宙酔いを起こして「目が廻ります〜。」とすっとぼけた声が妙に耳に残っているんです。

◆ マ・クベ   作品名:機動戦士ガンダム(TV・MV)
悪役の中でもかなり有名な役かな?
私、大嫌いでした、この役。だって、ハンサムじゃないなんだもの〜。
役柄的には「ヘビ」そのものな印象で、キャラクター的には合ってるんですけど、でも、でも、見るには美形じゃなきゃ、イヤだぁ!
陰謀めいたセリフが多くて、これぞ敵役としか言いようのない役です。

◆ カムラン・ブルーム   作品名:機動戦士ガンダム(TV)
思いもよらなかった気弱な役です。
「まさか、こんな役まで!?」が第一印象。
ほんと、聞いていてイライラするくらい歯がゆかった。思わず「しっかりしろー!」とどやしたくなる。
つまりはハマリ役だったということなのでしょうね。

◆ 司馬亮   作品名:超獣機神ダンクーガ(TV・OVA)
珍しく熱血タイプの役。
それでもメンバーの中では一番抑えめという設定だったような・・・。
太極拳が格好いい。
設定どおり他のキャラに押され気味でしたが、それでも美味しいところはしっかり押さえていた役でしたね。
忍君に代わって是非一度「やーってやるぜ!」と叫んで欲しかった。

◆ ナルサス  作品名:アルスラーン戦記(OVA)
イメージそのものな参謀役。
とにかく渋いっ!
脇役でしたから、それほど出番はなかったけど、目立ってました(笑)
この作品も原作から入ったので、配役を知った時には、万歳三唱で納得。
人を刳ったようなセリフがとってもお似合いでした。
このくらいの役で愛のささやきを是非、と思ったのは私だけ?

◆ ゴドー   作品名:火の鳥2772 愛のコスモゾーン(MV)
たぶん、この作品がデビューではなかったかと思うのですが・・・。
大人になった時より、子供の頃の方が好き。
しかし、この作品も暗い・・・。

◆ イズミル王子   作品名:王家の紋章(OVA)
何も言うことはないです。
原作(コミック)の時から、塩沢さんの声で読んでたし(笑)
なんていうか、冷酷で熱い敵役にこれ以上はないというくらいピッタリな役です。
原作のほんのさわりの部分だけの作品なので、あまり熱血なシーンはないんですけど、それでも戦闘場面とかに痺れました〜。

◆ ナレーター   作品名:伝説巨人イデオン(TV)
淡々とした語りでいえば、これが一番!
毎回、ナレーションを聞くのが楽しみな作品というのも珍しいでしょうね。
キャラではイラ・ジョリバも兼ねてらしたと思いますが、活躍度は低かったのであまり印象に残ってません。
あ、でも最終回では美味しいところをさらっていったんだわ(笑)

◆ 闇の死繰人・剣持司   作品名:カルラ舞う!(OVA)
渋くて格好いい役の代表・・・ということにしておきましょう。
実際、格好いいし。
孤独な影を持ちながら、戦う男。いいわ〜。
普通の会話シーンより、戦いで陰を掛けてるところの方が印象に残っています。
そのせいか、単独でのしゃべりより、声を合わせて叫ぶ時の一際低い声が好き。
キャラ年齢より、かなり上な感じのしゃべりですが、そこがまたいいんですよねっ。

● D   作品名:吸血鬼ハンターD(OVA)   コメント:れいり様
Dは芦田豊雄さんが監督で、アニメ化されました(多分、一本だけ?)
かっこよくて、まさにはまり役という感じでした。
Dがヒロインの血を吸うのを我慢するシーンがあって、その声に「耳がダンボ」な状態になったことを、覚えてます〜(爆)

● レオナルド・メディチ・ブンドル  作品名:戦国魔神ゴーショーグン  コメント:NARUMI様
「戦国魔神ゴーショーグン」の美形敵役。何事にも「美」を重んじ、美しくないものは徹底的に排除する。
しかし、その「美」の基準が常人とはかけはなれていて、時に笑いを誘うことも・・・。
赤い薔薇とブランデーをこよなく愛する。フルオーケストラのクラシック音楽をバックに「攻撃開始!」と叫んだ姿が忘れられない。
ゴーショーグン側のファイター、レミーとの微妙なロマンス(?)も面白かった。

● 牡羊座のムウ   作品名:聖闘士星矢   コメント:NARUMI様
「聖闘士星矢」のゴールドセイントの一人、牡羊座(アリエス)のムウ。神に近い力(セブン・センシズ)を持ち、星矢たちブロンズセイントを見守り続ける。
おだやかな外見とは裏腹に、常に一歩先を考えてあらゆる手をつくす為政者のような一面も。個人的に、ブロンズセイントの一人ドラゴン紫龍との友情(心の交流)が印象的だった。



<もどる>