Home > ゲームレビュー > アンジェリークSpecial2

アンジェリークSpecial2

コーエーネオロマンス
©1996 KOEI Co., Ltd./KOEI NET Co., Ltd. All rights reserved. -GAMECITY-.

プレイデータ

ゲームタイトル:アンジェリークスペシャル2
対応機種:WINDOWS95
発売元:コーエー
ジャンル:恋愛SLG
プレイ環境:WINDOWS95
プレイ時間:初回約10時間(女王ED)、リプレイ(守護聖ED)約12時間

アンジェリークSpecial2の感想

コーエーのネオロマンスゲームは一部のファンの間では「声優落としゲー」として有名で、その波に乗って購入したのが「アンジェリークスペシャル2」です。なぜ「スペシャル2」なのかというと、たまたま買ったときが「アンジェリークスペシャル2」の発売に当たっていたから。一応、スペシャルの世界観を引き継いだ新ヒロインによる育成ゲームということは知っていました。実際、ヒロインはプレイヤーの分身なので、世界観とキャラクターが気に入っていれば、他はどうでもいい。むしろ、スペシャル2になって、落とせる対象キャラクターが増えたので、ゲームとしての達成感は大きくなったと思います。
ゲームそのものは簡単で、相性の良い守護聖様に育成をお願いして宇宙を育成し、学習によってその状態をキープし、規定数以上に宇宙が育成されれば、サクッと女王EDを迎えられます。ライバルもいて同じように宇宙を育成しており、時には妨害してくることはありますが、よほどヘマをしない限り負けることはありません。(後述のとおり、むしろ負ける方が大変。)
このゲームの醍醐味は「恋愛SLG」とあるとおり、女王EDを迎えるのではなく、守護聖様たちと恋愛EDを迎えることです。真面目に育成していると、せっかく恋愛フラグが立っていても無情にも女王EDになってしまいます。一応、ラストチャンスが与えられていますが、きちんと恋愛イベントを起こしていないと逆転はかなり運に左右されます。なので、恋愛フラグが立ってから、いかにして女王にならずに守護聖様たちとのイベントを起こしていくかが重要なのです。親密度200%を維持しつつ、守護聖様方の贈り物攻勢に耐え、恋愛イベントを発生させてクリアし、お目当ての守護聖様との恋愛EDを迎えた時の達成感!ひとえにプレイヤーの運とテクニックにかかっています。
大変といっても、一人に絞って恋愛EDを迎えるのはそれほど難しくはありません。アンジェリーカーが目指すのは、最高12又で11人振り倒しラスト一名と恋愛EDを迎えること。更に鬼畜な道を行くなら、全員振り倒して女王EDを迎えるとか。個人的に難しかったのは、12人振り倒し後の女王補佐官EDでした。ライバルのレイチェルに負けるのが本当に大変だったんです。はじめは行動力を増やすために真面目に育成していますから、その後に育成と学習をサボりまくり、デートをことごとく失敗させて守護聖様との親密度を下げまくりで、育成期間ギリギリになんとかレイチェルが宇宙の女王に決定。育成やり直しのリスクを含んでのハラハラドキドキプレイでした。
お気に入りのキャラクターはルヴァ様とセイラン。基準はもちろん「声」です。ただ、プレイヤーの分身である今作のヒロイン(茶アン)があまり好きになれなくて、むしろ前作のヒロインで今作の女王であるアンジェリーク(金アン)の方が気になりました。ゲーム性よりキャラクターの魅力という点で、前作がプレイしたくなったという作品です。

ゲームの進め方

名前と生年月日の入力(守護聖様との相性が決まる。)
    ↓
平日:育成、学習、デート
土の曜日:査定。勝者は行動力が増える。
日の曜日:デート(森の湖、公園)
    ↓
育成第一段階終了
    ↓
平日:育成、学習、デート
土の曜日:査定。勝者は行動力が増える。
日の曜日:デート(森の湖、公園)で恋愛イベント
    ↓
ひたすら育成:女王ED
育成&デート:恋愛ED

Home > ゲームレビュー > アンジェリークSpecial2の感想