Home > ゲームレビュー > 三国恋戦記〜オトメの兵法〜

三国恋戦記〜オトメの兵法〜

完全にネタバレですので、自力でクリアしたい方は、引き返しましょう。

プレイデータ

ゲームタイトル 三国恋戦記〜オトメの兵法〜
対応機種 Windows2000/XP/Vista/日本語版
発売元 DAISY2(デイジーデイジー)
ジャンル 恋愛ADV
プレイ環境 WindowsXP SP3 日本語版
プレイ時間 初回約6時間、リプレイ(シナリオスキップ可)20〜40分
初回購入特典
メーカー通販
ドラマCD玄徳軍篇「恋の真剣勝負!?」
ドラマCD仲謀篇「温泉パニック」
特典冊子「設定原画&SS集」

三国恋戦記〜オトメの兵法〜の感想

某ネットショップで高評価だったのを何気なく見て購入したのが「三国恋戦記〜オトメの兵法〜」です。ちょうど三國志の何度目かのマイブームがきていたこともあり、普通の乙女ゲームになったらどんなのかという、かなり興味本位な購入でした。結果は、自己補完できるなら十分OKな萌えゲームでした。

お気に入りのキャラは、玄徳かな。最初に攻略したキャラというのも大きいかも知れません。好みとしては、孔明狙いだったのですが、どうも初回には攻略できないようで、過去に一緒に行ってくれたのが玄徳でした。優しくて頼りになるお兄ちゃんから恋人への転身には、存分に萌えさせていただきました。
大人げない大人な孔明、文若、公瑾は、乙女ゲームの萌えどころとして十二分だし、仲謀は思いっきり青春してるし、どのキャラも満遍なくいい味出してると思います。こればかりは、本当に好みですね。

イベントの萌え度が低いという感想もありますが、舞台が戦場だし、逆にそこでいちゃつきイベントがあったら返ってドン引きしそう。初恋もまだというウブなヒロインですから、このくらいの糖度でバランスが取れていると思います。GOODED後の萌は、自分で補完するのがよろしいかと。
激甘な恋愛イベントを好む人には、どちらかというと向かないゲームだと思います。というか、三國志を舞台に選んだあたりで、それはすでに方向性が違うと思います。ヒロインは一応孔明の弟子にして軍師ですから、恋愛よりお仕事優先でなきゃ立場が危うい。そういう現実感がほどよく軍議にミックスされていて、私は面白かったです。

驚くべきは、一度クリアしたキャラのエンディングムービーに、見ていないイベントが流れたことです。もしかして、リプレイ推奨というか、前提?しっかり罠にはまり、同じルートに入れば、予想に違わず、萌え会話追加。これ、ちょっと反則だあ。つまり、最低二周しないとパートナーキャラのイベントが回収できない仕組みになってるんですね。スキップ機能は、そのための必需品です。じっくりプレイするもよし、見たイベントを飛ばして好きなイベントだけ繰り返すことも可能、とかなり美味しい作りになっています。

普通にプレイしていれば、ノーマルED、攻略キャラのGOODEDが見られると思いますが、3君主は、ちょっとややこしいというか、特に孟徳!かなりひねくれてます。ぶりっこ乙女の答えを選択していると、もれなく「妾ED」の展開に突入です。この回避は、ヒロインのキャラ設定がヒントになっていると思いました。「自分で考え、行動する」ことを諦めなければGOODEDに辿り着けるわけです。孟徳を信じないといけないのに、孟徳を信じていただけではダメという、本当にややこしいルート。一応無理のないシナリオで、そのぶん達成感はあるんですけどね。
あと仲謀も最後のあたりが、そういう傾向にあります。自分だけ幸せになるのではダメで、みんなで幸せになるためにはどうしたらいいかを考えて選択するとGOODEDになるのだと思います。実際、最後の最後で暗転した時は、呆然となりました。もちろん、速攻でやり直しましたけど。そのためにも、後半の選択前には、こまめなセーブをオススメします。スキップ機能があるので、あっという間に追いつけるシナリオですが、「イベント前にセーブする」は、乙女ゲームの必須でしょう。回想モードもありますが、全てのイベントを網羅しているわけではないので、気に入ったイベントは自分でセーブして見られるようにしておくのが一番です。

ゲームの流れ

ヒロインの名前を決める。デフォルトは「山田 花」。
好みの男性を選択。ココで指定しないとルートに入れないキャラあり。
図書館で本を見つけるヒロイン→本の世界へ

オープニング

三國志の世界へ。時間軸は「三顧の礼」からスタート。
・選択肢のある会話と、その結果によりイベントが発生。
・軍議は、三國志を知っていれば、特に難しくはないが、知らなくても問題なし。イージーモードを選んでプレイすれば答えを教えてくれる。
・愛情(花印)が4つ以上のキャラがいれば、そのキャラの恋愛ルートに入れる。ただし、呉の2人は出会い時の選択肢により、問答無用でそのルートへ。
・軍議を失敗すると、「軍師失格」でBADEDのことがある。キャラルートに入るまでの軍議は成功させるべし。
・蜀のルートから、ノーマルルート分岐発生。師匠ルートも同じ展開になるので一度はノーマルルートへ入ること

キャラルート突入
・ヒロインの書物によって過去に飛ばされた時、同行した相手が、ルートキャラ。ただし、師匠は同行しない
・愛情度が3つの時は、だいたいノーマル・ルートに入っている。

過去からの生還
・過去の軍議は、失敗しても大丈夫なことが多い。愛情不足EDを見るためには敢えて間違ることも必要。

エンディング。
・ルートキャラED
・ルートキャラとの愛情不足ED(花印4つ止まり)

エンディング・ムービーとエピローグ
・初回にキャラを迎えた相手のムービーに知らない会話が流れる!二周目でないと発生しないイベント。
・エンディングのサビがキャラごとに異なる。キャラのイメージ曲を連想させていい感じ。

エンディングの種類(完全ネタバレ

キャラルートのGOODEDを見るのは、それほど難しくないんですが、好感度不足EDを見るのは、かなりテクニックを要します。好感度が4以上ないとキャラルートに入れないのと、その後の好感度を上げないことがポイント。で、これが非常に難しいです。軍議に成功すると、あっという間に上がっちゃうんですよね。かといって、失敗すると軍師失格EDになることもあるし、セーブ&ロードを駆使して、リプレイ中。
キャラクターED
▼玄徳ED
・GOODED
・黎明の王
・届かなかった言葉(好感度4止まり:ヒロイン帰還)
▼雲長ED:初期選択制限あり
・GOODED
・ひとりぼっちの帰り道(選択肢、失敗?:ヒロイン帰還)
・繰り返すもの(別名、女孔明ED)
▼翼徳ED
・GOODED
・家族のもとへ(選択肢、失敗?好感度不足?:ヒロイン帰還)
▼子龍ED
・GOODED
・旅の果てに(選択肢、失敗?)
▼孔明ED:初期選択制限あり、ルート制限あり
・GOODED
▼孟徳ED:初期選択制限あり
・GOODED
・深入りしすぎた結果(ヒロイン死亡)
・幸せのかたちのひとつ(別名、妾ED)
・鳥篭
・泡沫の未来(好感度4止まり)
▼文若ED:初期選択制限あり
・GOODED
・毒(選択肢、失敗?好感度不足?:ヒロイン帰還)
▼仲謀ED
・GOODED
・すべてが終わったあとに
・閉ざされた未来
・乱戦の中で(ヒロイン死亡)
・失われた初恋(好感度4止まり)
▼公瑾ED
・GOODED
・宿命(好感度4止まり:ヒロイン残留)
▼早安(隠しキャラ)ED:ルート制限あり
・GOODED
・救えなかった心(好感度4止まり)
ノーマルED
▼帰還ED
▼羽扇ED:別名、残留ED。帰還ED後、二周目に追加
共通BADED
▼軍師失格:必須の軍議を失敗


ED音楽をBGMにするために

警告:以下の作業については、自己責任でお願いします。この件に関しては、いっさいお答えいたしません。

三国恋戦記には、音楽集がありません。音楽を聴くためには、ゲームを立ち上げて音楽を聴くのが一般的だと思いますが、ちょっと工夫すれば、パソコンの音楽プレイヤーソフトからOPとED(ノーマル・キャラ双方)を聞くことができます。

□音楽ファイルのインストール先
Daisy2-Sangoku-Data

「Data」フォルダの中のファイルの拡張子は、ほとんどが「dat」になっていると思います。しかし、その前の名前を見ると、「md」と記載のあるファイルが00から11番まであるはずです。三国恋戦記のOPとノーマルED、キャラ別EDの数と一致していますよね?
このファイルをWMP(ウインドウズメディアプレイヤー)で開くと、バッチリ映像付きで再現されます。繰り返し設定しておけば、エンドレスで見ることも可能です。設定によっては映像なしで音楽だけ聴けば作業中のBGMに早変わり!
■利用プレイヤー
映像付きで見るとき:PowerDVD9(映像専門ソフトで見ると迫力あり)
音楽だけ:Creative Media Source(音源付属の音楽プレイヤー)

OP、EDを携帯プレイヤーで見るために

警告:以下の作業については、自己責任でお願いします。この件に関しては、いっさいお答えいたしません。

OPとEDがWMPで見られるのならば、WMVに対応している携帯プレイヤーでも見られるのでは?と思い、ダメ元でチャレンジしてみたところ、うまくいきました。

■利用ソフト
ffmpいーじーv3.0.7
窓の杜制作者サイト

■PSPで見てます
renenki01.jpg(33910 byte)まずは、オープニング。
公式サイトからダウンロードできるオープニングムービーを使用しました。

Home > ゲームレビュー > 三国恋戦記〜オトメの兵法〜