ご機嫌なブルー
「ソルジャー・ブルー」 by 澪様


「ネオ・プラネット号の艦長、プロミネス・ブルー・ユリアンです。」
あたしは、意気揚々と自己紹介を始めた。
視界に映るは、自分の船、自分の部下、そして無限に広がる大宇宙。
気分はもう、最高!うん、明るい未来があたしを呼んでいる。

第6話「やっぱり気分は紙一重」より

<BACK>