スター・A・スター

星のピアスとイヤリング


 あたし、プロミネス・ブルー・ユリアン。もうじき18歳の17歳にして、銀河連邦−略してG連−の最新鋭艦ネオ・プラネット号の艦長に大抜擢された宇宙戦士ブルー・ソルジャー。ただいまの任務は、外宇宙の探索とそこまでに至る安全な航法と航路の確保。前人未踏の外宇宙探査なんて詰まるところ、行き当たりばったりの航海な訳だけど、G連の科学の粋を結集して建造された宇宙戦艦プラス最高に優秀なスタッフのおかげで、任務は極めて順調に進んでる…らしい。
 自分の任務なのに、なぜ「らしい」だなんて曖昧な表現なのかというと、実務担当のグリューネ・ルディーナ・K・ユリアン−通称ルナ−の研究テーマがこのところめまぐるしく変化していて、実験ペースも無茶苦茶早くなってきているからだ。これは、ルナの仕事が完成直前になると現れる状況だから、たぶん、間違いないと思うのよね。何だかんだ言ってもあたしの任務の成功の可否はルナの実験の成果によって左右されるわけで、余計な手出しはしないに限る。そう、日常生活の管理を含め一切合切、あの子の旦那兼副長のエディ・ユーナスにお任せね。
 だからといって、あたしが暇を持て余してるなんて思わないでよ。未知の宇宙には、あたしたちに敵意を持った未知なる生物がいて、その対策に日々戦略を練ってるんだから。遭遇したのは数回だけど、毎回逃げるのに精一杯という有様で、早い話が黒星続き。本音を言えば、ルナには訳のわからない実験より、敵さんの正体解明を優先して取り組んで欲しいくらいだ。
 あたしだってネオ・プラネット号の艦長として、安定した航法の確立が最優先事項であることは、よーっくわかってます。でもね、これまでは行き当たりばったりの戦法でどうにか敵を振り切って来たけど、それにも限界ってものがあるでしょ。だから、たまにはあたしの言い分にも耳を傾けてよ〜。

 ネオ・プラネット号の任務は外宇宙探索なので、G連の宇宙開発局が窓口になっている。当然、毎日の定時連絡も開発局のスタッフが通信相手だ。もっとも、定時連絡と言ったって、ルナが作った報告書にあたしの承認サインをして送るだけ。直接に話をすることはめったにない。
 それが今日に限って、ルナとエディ・ユーナスを同席させるよう事前に申し入れがあったのだ。ルナに同席して欲しいというのは、科学アカデミーあたりから泣き付かれたのだろうと予想が付くけど、エディ・ユーナスまで一緒にとは、穏やかならざる話だ。なんか嫌な予感がする…。
 やがて定時連絡の時刻になり、あたしの予感は的中した。通信機の向こう側に陣取っていたのはいつもの開発局の面々ではなく、科学アカデミーのお歴々だったのだ。彼らがわざわざやってきた理由は、ただひとつ、ルナでなくては解決不能な問題が生じたってことにほかならない。ま、これが初めてって訳じゃなし、行き詰まったレポートやデータをこっちへ送らせてルナが解決案を送り返せば一件落着。その間、こっちの任務が停滞してしまうけど、アカデミーのお歴々を開発局が通したってことは、そうなるリスクを承知の上だってことだから、あたしがとやかく言っても始まらない。
 ところが、今回はとんでもない話が提示された。あろうことか、ルナを大至急G連アカデミーに連れてきてくれというのである。これにはさすがのあたしも切れかけた。
「冗談じゃない!ここからそこに行くまでどのくらいかかると思ってるのよ!」
「その件については、前回の報告書で解決済みだとあったはずだが」
「そうなの?」
 小声でルナを振り返ると、真顔で頷き返してきた。
「それに、今回ばかりは直接出向いて作業に当たらないと、解決しそうにないんです。」
「…つまり、ルナはアカデミーに出向くってこと?」
「はい。ネオ・プラネット号の方は待てますが、アカデミーは全データが消滅してしまう可能性が極めて高いものですから、そうなる前に手を打っておかないと、G連の機能そのものに多大なる損失が生じてしまいます。」
 ここまではっきりと言い切られたんじゃ、もはやあたしには止めようがない。しかし、そこになんでエディ・ユーナスが絡んでくるんだろ…。
「往復に耐えられる宇宙船がミーティア号しかないからです。」
 なるほどね。あれが操縦できるのは、G連広しといえどあたしとエディ・ユーナスだけだ。だったら、あたしでもよさそうなもんだけど、艦長が自分の船を留守にするわけにはいかないから、エディ・ユーナスにお鉢が回ってきたって事か。確かに妥当な線ではある。でも、本当に大丈夫なのかなあ。言っちゃナンだけど、エディ・ユーナスって、ルナにはとことん甘いのよね。
 ともあれ、ルナの意見を重視して、彼女のアカデミーへの派遣が決まった。そう、あくまで緊急措置としての派遣だ。断じて帰還じゃないからねっ!

 考えることは皆同じというか、あたしの杞憂はネオ・プラネット号の乗組員も大なり小なり感じていたらしい。あたしが艦長室で一休みしている時に、技術部と航海部のチーフがやってきた。訪問者は二人だけだけど、その他乗組員の代表としてやってきたのは明らかだった。だって、開口一番、彼らは何て言ったと思う?
「ミーティア号で行くに当たって、ルディーナさんのパートナーは艦長をおいてほかにはありません!」
 あたしがルナとパートナーを組んだのは、レッド・ソルジャー時代の止むにえない事情からであって、決してあたしの欲するところからではない。
「でも、アカデミーからの要望だし。ルナのことを一番把握してるのはエディ・ユーナスでしょ?」
「確かに、ルディーナさんのサポートは副長にしかできんでしょう。しかし、今回ばかりは、艦長でないと我々全員、宇宙の放浪者になってしまいます!」
 えらくぶっ飛んだ意見だけど、あたしには反論できなかった。だって、全く持ってそのとおりなんだもん。
 エディ・ユーナスがルナに無茶苦茶甘いことは全ての乗組員の周知とするところだ。航海が始まってこの方、ルナがやりたいと言ったことは全てエディ・ユーナスが調整して実現させている。だから、今回アカデミーに出向いたルナが、ほかにもやりたいことがあると言えば、それが終わるまでネオ・プラネット号への帰還を伸ばすことは十分に考えられることなのだ。
「それでなくてもG連やアカデミーは事あるごとにルディーナさんの仕事に割り込みを掛けてきてるんですよ。そんな連中がこの機会を逃すと思いますか?」
 やっぱり、考えることは皆一緒なのねえ。鬼気迫る形相の二人を前に、あたしは溜息をひとつ吐いた。
「だけど、あたしが止めたからって一旦やりかけた実験をルナに止めさせることは不可能よ。」
「しかし、新しい実験に取り組まないよう阻止することは可能でしょう。」
「そのくらいなら、なんとか…」
「副長に、それができるとお思いですか?」
 …全財産掛けてもいいけど、絶対無理だ。
「そういうわけですから、今回は艦長が同行してください。」
 だから、どうしてそこへ話が飛んでいくのよ〜。あたしはこの船の艦長なのよ。乗組員をほっといて出かけられるわけないじゃないの。
「艦長とルディーナさんが留守となれば、我々全員、この場で待機するしかありません。待機してるだけなら、副長の艦長代行で十分です。緊急事態が発生したら、副長が直接に艦長へ指示を仰げば良いわけですし。」
 要するに、最初の依頼が終わったら、ルナを野放しにせずとっとと連れ帰ってこいってことね。確かにエディ・ユーナスにそれを望むのは無理だわ。ルナのことだもん。アカデミーのその筋から話だけでも聞いてくれって言われたらあの子の性格上断れないだろうし、一旦聞いてしまったら放置できないのは目に見えている。そんなルナをエディ・ユーナスが強引に連れ帰れるわけがないのだ。
「わかりました。今回に限り、わたしがルナに同行します」
 はっきり言って、全然気は進まないけど、背に腹は替えられぬ。こんなとこでネオ・プラネット号を迷子にするわけにはいかないもの。あたしは覚悟を決めてミーティア号の格納庫へ向かった。

 明日の出発に備えて、ルナは黙々とミーティア号の整備をしていた。技師達は大勢いるけれど、ミーティア号に関してはルナ以外手出しができないのだ。そしてルナの側には、思ったとおりエディ・ユーナスが控えていた。でも、なんかヘン。出発前の調整にしては、ふたりともやってることがちぐはぐでないの?
「やっと来たか。」
 むっつりしたエディ・ユーナスの声にあたしは眉を顰めた。あたし、今日はまだ文句を言われるようなこと、してないわよ。
「ブルー、席について確認していただけます?」
 さすがのあたしもルナの言ってる意味がすぐには理解できなかった。でも、エディ・ユーナスの不機嫌な顔を見てるうちに納得がいった。他の乗組員でさえ予測のついたことをエディ・ユーナスが気の付かないはずがない。つまり、彼としては、はなはだ不本意ながらもあたしがルナに同行することを認めざるをえないわけだ。
 あたしはハッチを開けてミーティア号の操縦席に滑り込むと、バイオデータにリンクした。ルナの調整は完璧で、微調整の必要すら認められなかった。
「これならいつでも出発オーケーね。」
「はい。スペースホールの計算が終わり次第出発します。」
「え!?」
「だって、そうでもしなきゃ時間がかかってしょうがないでしょう。いくら後回しにしても大丈夫とはいえ、こっちだってそんなに放置できませんもの。」
「スペースホール航法って、ネオ・プラネット号専用じゃなかったの?」
「それは数ヶ月前の話ですわ。ネオ・プラネット号の前身がミーティア号ですから、それだけの時間があれば機関部を改造するには十分です。」
 はいはい、聞いたあたしが莫迦でした。
 さてと、そうと決まればあたしも準備を急がなくては。乗り込む先がG連の科学アカデミーとなれば、それ相応の支度をして行かなくちゃね。あたしはいつになくリキを入れてブルー・ソルジャーのスーツに身を包んだ。
 副長への引き継ぎは形式的なものだから、航海日誌の余白にそれぞれサインするだけで十分。一番時間がかかったのはアクセサリー選びだった。選ぶのは勿論ルナ。つまり、ただのアクセサリーに非ずってことね。
 いつもは割と大きめのパールのイヤリングを好むルナなのに、今回はピアスにしてもいいくらいの小さいものをはめている。あたしはといえば、やっぱり小さめのブラックオニキスのピアスを渡された。なんでもルナのホワイトパールとツインになっているんだそうな。このあたりに何やら意図的なものを感じるけど、このピアス、あたしの好みに一致してるから、この際他のことには目を瞑ってあげるわ。
 かくしてあたしとルナはミーティア号でスペースホール航法を利用して、G連本部へ出頭したのだった。

 ここから先の話は言うに及ばないでしょ。全てはあたしたちの予測したとおり、なんだかんだと理由をつけて科学アカデミーのお歴々はもとよりG連のお偉方も負けじとルナの作業場に日参している。その都度あたしは丁重にお断りし、お引き取り願ってきたわ。ルナの同行者があたしだとわかった時の彼らの間抜け面ときたら!あれを見れただけで今回の元は取れたと思ったわね。
 しかし、敵も然る者。新しい課題にルナが介入することは阻止できたものの、ミーティア号はG連のVIPターミナルにガチガチに固定され、勝手に発進できないよう差し押さえられてしまっている。このままでは依頼された仕事が終わっても、帰るのにひと苦労しそうだ。
「ルナ、あとどのくらいでカタがつきそう?」
「遅くとも、あと一時間といったところでしょうか」
 一時間か。強行突破するにも、ルナが一緒じゃ、無傷で辿り着ける自信ないわあ。かといって同士討ちは御免だし。かくなる上は…。
 その時、ふいにエディ・ユーナスから連絡が入った。仮にもここはG連科学アカデミーのシークレットルーム。物理的な攻撃からはいうまでもなく、精神的な探索もシャットアウトしてあるはずなんだけど、あたしとエディ・ユーナスがテレパシーで連絡を取るのに全く支障がなかった。防御網が穴だらけですわよ。ネオ・プラネット号に帰ったら、一応親父様に忠告しておこう…。
 エディ・ユーナスの用件は極めて事務的な口調だったけど、その内容は、ネオ・プラネット号の存亡に関わることだった。
(やっぱり来たの?)
(まあ、これだけ長い間ひと所にいるんだ。これまであいつらと遭遇しなかったのが不思議なくらいだね。)
(そりゃあ、そうだけど…で、逃げ切れそう?)
(お前ならどうなんだ?)
(スペースホールに逃げ込めれば何とかなるだろうけど。)
 今のところ、その出現予測の計算ができるのはルナだけだ。
「ルナ、アカデミーのコンピュータで予測データを送れない?」
「それでは、間に合いません。」
 なんともはっきりしたお答えですこと。でも、それじゃ、ネオ・プラネット号はどうなるの?このまま、宇宙の藻屑になるしかないっていうの?!
「出現予測の計算は、あくまで予測値にすぎません。そんな不確かなものに頼るより、確実に出現させる方がずっと効率的だと思いませんか?」
 ルナの表情は少しも慌てた様子がなく、動揺の片鱗すら感じられなかった。エディ・ユーナスにも焦ってる様子は感じられないし。どうやらふたりして、あたしに内緒で何かやってたわね。
(で、あたしに何をさせたいわけ?)
 こうなったら腹をくくって、あたしの役割をこなすしかない。どうせロクでもないことに決まってるけど、ネオ・プラネット号の乗組員の命がかかってるとなれば致し方ないでしょ。
(さすがは艦長、話が早くて助かるよ。)
(御託はいいから、さっさと言いなさい。)
(残念ながら、ここから先はルナの領域でね。ルナの実験に付き合ってくれ。)
 これにて連絡事項は終わったといわんばかりにエディ・ユーナスはテレパシーを打ち切った。
 あたしとエディ・ユーナスが話をしている間に、ルナは当初の仕事を完了させていた。誰があと一時間もかかるって?しかし、これで後顧の憂いはひとまず無くなったのよね。それでは心おきなく、帰り支度にかかりましょうか。と言っても、荷物はミーティア号の中だから、今着ている服を点検するくらいしかやることはない。
「そういえば、今回はルナの服もあたしと同じみたいね。」
「私のが基本形で、ブルーのは完全装備なんです。」
 相変わらずサラリと言ってくれる。でも、それなら少々のことにはビクともしないから安心だわ。それより心配なのは、エディ・ユーナスが最後に言った言葉だ。ルナの実験に付き合ってくれって言ったんだよね。この状態でルナの実験に協力するって、ものすごーっく危険を感じるんですけど…。
「でも、肝心要のミーティア号はVIPターミナルに固定されてるのよ。」
「コンピューターによる電子ロックで捕捉してあるだけですわ。第一、ブルーの遠隔操作で転送システムを稼働できるように改造してありますから、私たちが船へ移動するのに問題はないでしょう。」
 左様でございますか。そうとわかれば善は急げ、あたしはミーティア号のコンピューターにリンクして転送システムを作動させた。それは拍子抜けするほど簡単な作業で、あたし達はどこからも邪魔をされることなくミーティア号に戻ってきたのだった。

 発進準備が整ったところで、ルナがすっと手を差し出した。
「ブルー、右のピアスを外してください。」
「ピアス?」
「はい。」
 今の今まですっかり忘れていたけれど、このピアス、出発前に今回の装備のひとつとして渡されたんだっけ。小さいながらも吸い込まれそうなほどに漆黒の輝きを秘めた最高級のブラックオニキス。こんなもの、いったい何に使うんだ?
「これはスペースホールを出現させるための呼び水なんです。」
「ええっ!スペースホールっていわばブラックホールのミニチュア版みたいなもんでしょ。そんな物騒なモノ、ここで呼び出したりしたら、それこそ大惨事になるわよ!」
「もちろん、宇宙に出てから使うに決まってます。」
「あ、そう。」
「だから、早く発進してくださいね。エディが連絡してきたということは、相当に切羽詰まった状況にあるということでしょうから。」
 ルナの眼差しは真剣そのものだった。こういう時のルナは夫の安否を気遣う妻の顔をしてる…と思ったのはあたしの一人合点でした。
「これが成功すれば、スペースホール航法は確立するんです。」
 つまり、これがこれまでの研究の集大成であり、今から最終的な実験をするというわけだ。それにしてもこのピアスがその鍵を握ってたとはね。全くもってルナの小道具の使い方は常人の理解の域を超えてるわ。
 あたしが外したのは右のピアスだった。今ちらりと見たところ、ルナの右にあったパールのイヤリングも無くなっている。ツインと言ってたから、ふたつ揃ってはじめて用を為すってことなんだろうな。あたしはこの件についてそれ以上考えることを止めた。実験はルナの領域だ。あたしはあたしの為すべき事をするまでよ!
 ミーティア号はG連のVIPターミナルから一気に大空へ、そして大気圏を離脱して、宇宙へと飛び出した。今頃G連のお偉方と科学アカデミーのお歴々が真っ青になっていることだろう。それとも真っ赤になってるかな?依頼されたコトはご要望どおり解決したんだから、あたし達は本来の任務に戻るまで。どちらにしても宇宙に出てしまえばこっちのものだ。
「第一段階、発射!」
 実戦ではあさっての方向にしか発射できない人が、実験となると百発百中。場合によってはあたしより正確な射撃ができるというのも理解に苦しむところだわね。
 ルナの放出したカプセルは計算されたポイントで爆発を起こした。同時にものすごい勢いでミーティア号は吸い寄せられはじめた。
「ブルー、流れに逆らわず、そのまま中心を目指してください。」
「無茶言わないでよ。これじゃまるでブラックホールの中に飛び込むのと一緒じゃない。」
「だから、スペースホールの呼び水だって言ったじゃないですか。」
 つまりナンですか。あのブラックオニキスのピアスは人工的にブラックホールを作り出す核みたいなものだということなの?ということは、ルナのパールのイヤリング。あれは…ホワイトホールの核ってこと!?いったい何てモノを付けさすのよ。
 それでも悲しきは宇宙戦士の性というべきか。あたしはルナの指示どおり、ブラックホールの中心目指してミーティア号を進め、次に起こった爆発で今度は暗黒の空間から排出された。

 目の前には当然、ネオ・プラネット号。その少し後ろに見ゆるは、例の謎の敵船団。でも、なんだか様子が変だ。あの体制は、少なからず戸惑っているように感じられる。
「そうか、今のでこっちにスペースホールが出現する兆候が現れたのね。」
 これも未だ持って謎なんだけど、スペースホールが出現するとなぜかあの船団は退却していくのだ。
「ですから、スペースホールの呼び水だと申し上げたのです。威力を調整すれば、出口の座標を調整することも可能です。」
 随分とあっさり言ってくれるじゃないの。あたしはひたすらにネオ・プラネット号を目指した。
「ネオ・プラネット号!どこでもいいからハッチを開けて。」
 あたしが苦心惨憺してネオ・プラネット号に速度を同調させて格納庫に入る間に、ルナは艦橋と連絡を取って何やら指示を下している。あたしが聞き取れたのは「実験は成功」と「ケースEを使用する」という断片的な言葉だけだった。それでもルナが何をしようとしているのか知るには十分だ。
「ネオ・プラネット号であれをするつもり?」
「このあたりのスペースホールはG連の基地付近に直結しやすい傾向にあるんです。ここまで来て、銀河系に後戻りするのは艦長としても不本意でしょう?」
「操縦と核の放出を同時にできるパイロットがいると思ってるの?」
「さきほど、私が実験している様子をブルーは見てたではありませんか。」
 にっこり笑ってルナは答えた。開いた口が塞がらないとは、まさにこのことだ。隣で見ているだけで同じ事ができると思ってるわけ?そりゃ、あたしならできなくはないけど。でも、でも、スペースホール航法のコントロールがそんなに簡単にできるだなんて、今までの苦労は何だったのよ!
「だって、理論の正しいことが証明できたのが、ついさっきなんですもの。」
「…ついさっき?ってことは…ルナ!あんた、またあたしで実験したわねっ!」
「だって、こればかりはエディも協力してくれなくて…。」
 当たり前だ!ブラックホールとホワイトホールを相手に実験するなんて、正気の沙汰じゃない。
「その代わり、実用に即した実験ができるように環境を整えることを約束してくれたんです。」
 なんか、今聞いてはいけないことを聞いたような気がする…。
 ミーティア号の通信機からは、ひっきりなしに艦長呼び出しの信号が入ってきている。着艦したらさっさと艦橋に戻ってこいコールね。その上、頃合いを図ったように、エディ・ユーナスからは敵さんの追跡状況が送られてくるし。うーん、これって結構ヤバイ状況だわ。こんなところでルナを相手に無駄話をしてるしてる場合じゃない。
 あたしは深呼吸すると艦長モードに頭を切り換えた。
「アテンション!ネオ・プラネット号、スペースホール航法体制へ。あたしの席に制御システムをまわして!」
 そして、あたしは謎の船団を振り切って、ぽっかり口を開けたスペースホールに飛び込んだ。計算されたタイミングに合わせてブラックホールとホワイトホールがネオ・プラネット号を導いていく。あたし達はついにスペースホール航法のコントロールに成功したのだった。


To be continued?